アジアビジネス

なぜシンガポールで企業登記が必要なのですか?

あらゆるビジネスは、登記して顧客からの支持を集めなければなりません。しかし永遠に登記で成功を収める人にとっては、簡単な作業のようです。これに加えて、シンガポールでの企業登記は、株主に焦点を当てることで適切なパターンを評価しなければなりません。多くの課税対象でアップデートされており、法人との認識のために運用する必要があります。もちろん、専門ガイドの助けを借りて登録しなければならない企業にアクセスし始めます。認識された課税単位での運用が必要な株式によって制限されます。

シンガポールでの企業登記条件

企業登記の要件は、たくさんのメリットを得るためのベストなソリューションのようです。これに加えて、シンガポールでの企業登記では、注意すべきたくさんのことがあります。登記をする時に、必要書類を集めなければなりません。

  • 株主1名
  • 常駐取締役1名
  • 会社秘書役1名
  • 初回支払額
  • シンガポールの会社住所は必須

登記手続きでやるべきこと

会社名

まず初めに、事業主は会社名を設けてACRAによる承認を得なければなりません。シンガポールでの登録は適切な役割を提供し、設立目的で会社名を提案しています。既存の別の会社名と同じものを提供するため、同じままです。したがって、望ましくないアドレス名を考慮し、名前または商標を確立することに似ています。事業主は、ブランドの迅速なソリューションを提供するため、会社名を含める必要があります。

株主

企業は、登録プロセスの時点で株主と連携する必要があります。会社の住所と価値の共有をすばやくサブスクライブします。最小の企業株式は、少なくとも1人の企業または個人株主と統合する必要があります。企業登記とは、同一または異なる人物のままでなければなりません。シンガポールの登記手続きで最大50人の株主が承認されました。会社の登録が行われている間、最終的に詳細な公開記録を提供し、それは取締役と株主を含みます 。

常駐取締役

シンガポールの株式会社は少なくとも取締役が1名います。登記手続きが始まると、それは完璧なソリューションを有効活用します。事業に現地もしくは国外の取締役を加えるときにも制限がありません。取締役は、破産または犯罪行為の有罪判決を受けるため、責任ある役割を果たします。株主に適した公開文書にも明記されます。登録手続きには、シンガポールの住宅住所が理想的です。それはシンガポールで事業登録するために必要な詳細を表示し始める設立月と完全に混ざり合っています 。

資本金と払込金

シンガポール企業には、法規制の順守を確保することが主な責務である秘書役が必要です。個人を利用し、シンガポールでの登記手続きの義務を負うことを前提としています。したがって、登録時に会社情報に注意を払うことになります。それは株式発行を許可し、額面資本は最小発行資本で表すために初期化されていません。登録されたオフィスの住所の重要な役割を発見するさまざまなものを保持しています。それは実在する住所で、シンガポールの企業登記に適したものでなければなりません。要件に応じて、特定の種類の事業はディスクローズが許可されています。登録手続きにおいて適切な役割を開発する際のガバナンス構造に従います。サービスについてもっと詳しく知りたい場合は、A1Businessのウェブサイトをご覧ください。

Related posts
ビジネス

あなたのビジネスのためにハラール認証を取得する必要がありますか

チップビジネス

DVS:マレーシアでVHMとGVP

ビジネス

インドネシアにあなたの食品を輸入する方法は?

アジアデザインビジネスブランディングマーケティング

政治の世界はどのような機関から利益を得ていますかエージェンシー?

Sign up for our Newsletter and
stay informed