ビジネス

セルフインクスタンプ製作の利点、利用、コツなど

長い間、ゴム印はオフィス周りで役立つツールとして使われていました。一部ではデジタル化が進んではいるものの、ゴム印の代わりとなるものはあまりありません。もちろん、本物であることの証明としての利用はゴム印だけが可能です。これが、すべてがコンピュータで処理されず、いまだにゴム印が使われる理由です。

ゴム印の最もよく使われるタイプの一つに、その利便性が支持されているセルフインクスタンプがあります。セルフインクスタンプの利点について一緒に見ていきましょう。

1.サイズの選択肢

セルフインクスタンプには多くのサイズがあります。非常に大きいサイズから小さいサイズまで、ニーズに合わせることが可能です。標準を超えたり下回ったりするサイズを希望するのであれば、確実にセルフインクスタンプや浸透印よりも、希望のサイズを製作することができる昔ながらの木製スタンプを検討することをお勧めします。

2.安い

非常に洗練されたものであるものの、セルフインクスタンプは非常に安価に製作できます。もし高品質でありながら低価格のスタンプを希望するなら、絶対に評価の高いメーカーでセルフインクスタンプを注文するようにしてください。複雑なデザインも可能なのでお勧めです。

3.インクのオプション

セルフインクスタンプはいつでも好きな時にインクの色を変えることができるので大変便利です。色に飽きたらインクカートリッジを変えるだけです。しかし、インクの種類選びには気を付けてください。インクタイプには油性と水性が存在するからです。

昔ながらのスタンプはこれらをはじめとした様々な利用方法があります。

1.ロゴスタンプ

ゴム印、さらにはセルフインクスタンプを使ったロゴスタンプは企業で使うドキュメントが承認を得ていることや本物であることを証明するために使われるので非常に重要な意味を持ちます。

2.サインスタンプ

セルフインクスタンプは会社の決裁者といった重要な役職者のサインの代わりとしても利用できるので便利です。緊急を要する場合に、サインスタンプがあると助かります。

ゴム印デザインのコツ:

1.シンプル

特に仕事で利用する場合、デザイン内に見た人に混乱を与えるような複雑なエレメントを少なくし、シンプルかつストレートに伝える必要があるため、セルフインクスタンプのデザインは重要です。複雑なデザインはスタンプの価格自体が高くなる可能性もあるので、出来る限りシンプルなデザインとしてください。

2.最終チェック

テキストやデザインエレメントを含め、デザインに間違いが残っていないか最終デザインをメーカーに提出する前に必ずチェックしてください。スタンプについての詳細はこちらのリンクまで www.kiasuprint.com!

Related posts
ビジネス

あなたのビジネスのためにハラール認証を取得する必要がありますか

チップビジネス

DVS:マレーシアでVHMとGVP

ビジネス

インドネシアにあなたの食品を輸入する方法は?

アジアデザインビジネスブランディングマーケティング

政治の世界はどのような機関から利益を得ていますかエージェンシー?

Sign up for our Newsletter and
stay informed