ビジネス

社印の用途

判子は企業において重要な役割を担います。社印を使用すれば、その印で会社のアイデンティティと存在を表す事ができるからです。社印は誰でも簡単に所有できるものではなく、会社内の許可された人物の署名なしでは使用できません。社印の使用に関連するほとんどすべての活動は、取締役または代表者の署名とともに行われています。これは通常、規則に記載されており、いかなる場合でも義務付けられなければなりません。

社印の使用による他のメリットは次のとおりです:

  1. 承認用途

社印は、販売取引、契約、またはその他の通信を承認するために使用されます。会社が書類の発行をする場合、社印を使用して書類を承認し、上層部が署名する必要があります。

すでに署名およびスタンプされた書類は、有効かつ合法であると見なすことができます。その書類のいかなる内容は、書類に署名してスタンプする人の責任になります。書類内の社印によるスタンプは、会社全体の同意を表す一方で、署名は1人の同意または承認のみを表しています。

2. 会社決定の確認

取締役会では、通常なんらかの決定が下されます。これらの決定は、企業決定の書類の形で行われます。取締役などの会社上層部の署名により、その書類は有効になります。署名された書類に社印も押されている場合、その書類は決定に関して、より多くの力と確認を表している事になります。

3. 会社における説明義務

企業が他の関係者向けに公式文書を何らかの形で公開する場合、その文書に署名して判子を押す必要があります。署名され、スタンプが押された文書は、会社が記載されている内容に対して責任を負うことを意味します。これにより、あらゆる種類のビジネス取引および契約に関与するすべての関係者が内容を確認し、安心する事ができます。

最近の規則では、会社の決定の責任を負う取締役によって署名された承認済みの書類のみが企業に必要とされるため、社印は必要なくなったと言われることがよくあります。しかし、社印は今でも会社によって発行された書類の権限を強化できる重要なオフィスツールなのです。

徐々に重要視されなくなったとはいえ、www.kiasuprint.comの専門家は、会社の予算の一部を使って社印作成に投資するのは悪くないとアドバイスしています。あなたのお住いの国でビジネスに社印を必要としない場合、取引や契約を結ぶために社印が必要な外国企業と提携するために必要になる日がくるかもしれません。外国企業との取引を計画している場合、必要かどうかを常に事前に確認して準備する必要があります。さらにそれだけでなく社印は、銀行口座の開設などの財務上にも必要となる場合があります。

Related posts
ビジネス

あなたのビジネスのためにハラール認証を取得する必要がありますか

チップビジネス

DVS:マレーシアでVHMとGVP

ビジネス

インドネシアにあなたの食品を輸入する方法は?

アジアデザインビジネスブランディングマーケティング

政治の世界はどのような機関から利益を得ていますかエージェンシー?

Sign up for our Newsletter and
stay informed